FC2ブログ

水仙

2011.03.07.23:31

3月7日(月)

忽那山に初めて行った時、入口に水仙が1株あったのが可愛くて印象に残りました。
殺風景な原っぱに水仙があると和むかなあと、家にある水仙を掘り起こしてもらい、
植林に併せて植えようと持って行きましたが、
昨日は雨やら、時間も足りないやらで植えることができませんでした。

なので、鎌の捜索を兼ねて、再び忽那山へ出かけました。
5,6,7日と3日通って山と馴染んできた気がします。

植えました・・・もちろん夫が
2011_0307_133016-P3071582_convert_20110307222825.jpg

ちょうどいい具合に小さな石垣があったので、積み上げてあった枯れ草を取り除いて
掘ってみると、ほっこりしていて野菜でも植えたいような土の感触です。
昨日、堅い土を掘って苦労していた方に申し訳ないくらい。

2011_0307_135533-P3071585_convert_20110307224006.jpg
     2011_0307_142220-P3071595_convert_20110307224140.jpg
たちまち草ぼうぼうになることや、刈り払い機を使った時刈られないように、
周辺から石を運んで囲んでおきました・・・念入りに

せっかくここまで来たのですから、てっぺんへ。
昨日はロープがあったはずの所に・・・え~ッ! ない!
蔓につかまって「よいしょ」
      2011_0307_141335-P3071592_convert_20110307224852.jpg
                    てっぺん
                          2011_0307_140656-P3071590_convert_20110307225518.jpg

  誰? 
   2011_0307_140635-P3071589_convert_20110307225822.jpg

さて、下りは
       2011_0307_141137-P3071591_convert_20110307230417.jpg
ターザンみたい ツタを繋いでもらって降りました。
自分の足で踏みしめて降りた方が安全です。

こんな藪を切り開いていくのですよね
2011_0307_140100-P3071587_convert_20110307231121.jpg

蔓に頼り、蔓に足を取られながらの下山?
蔓にうっかりすがると外れてポコッ!、石ころを踏んでズルッ!
小さな山ではありますが、決して1人では登らないことですね。

鎌はついに見つかりませんでした。
残念


スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

おしず

Author:おしず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR