FC2ブログ

オイスカの森・・・人々が去って

2011.03.07.10:13

3月6日(日)午後

午前の部が満載になったので、分割しました

作業後、希望者は忽那山のてっぺんを目指しました。
2011_0306_113825-P3061566_convert_20110307100140.jpg

まだまだ登山道とは言えませんが、事前に登れるまでに作業してくださった
Nさんのお陰で、登ったみなさんは満足
「お天気の日に来るよ」と言ってくださった方も・・・
・・・・こうやって人が訪れてくれる憩いの森になってほしいです。

8年間行ってきた水源涵養林とはまた違った意味での環境対策、美しい景観、
人が憩う場所づくりのスタートです。
花も鳥も虫もきてね~~~~

イベント終了後、再び静かになった植林地へ行きました。
みんなの力はスゴイ!
雨はまだしとしと降っていたけれど、以前と違ってその辺りがほんわかと
温かい感じがしました。

みなさんの植えた苗の様子を確認に・・・
苗の元にちょっと盛りあげすぎ?
2011_0306_134511-P3061577_convert_20110307094430.jpg
チップを広げておきます2011_0306_134709-P3061579_convert_20110307094831.jpg
 竹炭は昨年までの植林地を開墾した際の竹を炭にしたものですし、杭に使った竹やチップは
竹林整備の際自分たちで用意できたものなので、あっちの森こっちの竹林と繋がっていて
ちょこっと嬉しいのです

中にはこんな立派な添え木を作った班も2011_0306_134831-P3061580_convert_20110307095143.jpg

放置された場所はゴミ捨て場にもなっていました。2011_0306_134348-P3061575_convert_20110307095434.jpg
参加者があちこちに集めてくれていました。
クリーン活動の必要もありますね。

実は、山から出る時、何度も何度も持って出るよう声掛けしたのですが、やっぱり
大勢には伝わりにくい? 手鎌が2本回収できなかったので探しに行ったのです。
スタッフ数人としばらく探しましたが見つかりませんでした。
次回山に入った時、とても危険なので何とか見つけたかったのですが

楽しく、怪我なく、メニューいっぱいのイベントが終わり、ほっとしていますが
行方不明の鎌だけ心残りのまま帰りました。

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

おしず

Author:おしず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR