FC2ブログ

忽那山下見

2011.08.27.11:34

8月27日(土)

朝から蒸し暑い日が数日続いています。
気温は一時ほど高くはありませんが、湿度が高いのでまるで梅雨の季節みたいです。

あちらこちらで局地的な集中豪雨のニュースを見ます。
いつ自分たちの地域が襲われるか、その時どうしたらいいのかも想像がつきません。

本「最後の選択」ではありませんが、突然悪天候や災害にあった時、人はその災害を
科学的に分析なんてしないで、きっと「かみさまッ!たすけて」と叫ぶのでは?!
冷静に、雷のシステムは?なんて考えません。ただ、怖いのです。

様々な現象が絡み合って自然の脅威となります。

自然界の美しい生物、奇想天外な生物、虫と植物がそっくりだったりするのを見たり、
大地や海底の不思議な造形を見たりすると、私はつい呟いてしまいます。
宗教とは関係なく・・・「神様って、絶対いるよね。遊んでるよネエ」

計り知れないもの、それが自然です。

私は森が好きで、できれば汗水流すのでなく美しい森を楽しみたいのです。
汗水流して、ごまめの歯ぎしりみたいに、木を植えたり草を刈ったりしても、
地球にとっては「大きなお世話」なのかもしれないと思ったりもします。

でも、なんで~、山へ行って、汗流して、へとへとになって~~???
なぜかというと、楽しいのです。楽しませてもらっているのです。
地球のためとか自然のためとかいうのでなく、自分のためにしているわけです。

ああそうか自分のため、少し広げても自分の子ども、孫のためにしている
ということに気付かされて、今めっちゃ納得している私です。
前々から、そんな気がしていたのです。歌好きな方がカラオケに行ったり、踊り
好きな人がダンス習ったりするのと同じなのかなあと(笑)

と・と・とっても長い前置きでしたが、
来月10日に忽那山の下刈りをするので、今朝下見に行ってきました。
忽那山には一応管理人と呼ばれる人(ボランティア)が居て、春に植えた桜の
下刈りや周辺の草刈りをしてくださっています。
何度か刈っているうち植生も変化してきているようです。

しかし、それ以外のエリアは物凄い荒れ地です。
秋にはまた少し植えたいので、その辺りの草を刈ることにします。
2011_0827_085501-P8270623_convert_20110827112256.jpg

一度刈ったあと新しいヨシ?が伸びて、緑がふっさふさ
2011_0827_085452-P8270622_convert_20110827112349.jpg
刈った草が電線に引っ掛かっているのも取り除かないと!




スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

おしず

Author:おしず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR