FC2ブログ

小さな「森のつみ木広場」

2011.06.17.20:36

6月17日(金)

2011_0617_163804-P6170026_convert_20110617201732.jpg

小学校の放課後子ども教室で「森のつみ木広場」を行いました。
いつもは大人数、70人くらいで低学年や幼稚園児対象に実施するのですが、
今回は4.5年生15人ほどの少人数です。

2011_0617_163916-P6170027_convert_20110617212746.jpg

「あそび」だけで終わってはいけないし、遊び時間が少なくても物足りない。
4,5年生が理解できる森の話を、どこまですればいいのかなあ・・・と
今までになく前準備に頭を悩ませました。

先日、サツマイモの苗を植えたとき、畑の先生が話を光合成にまで持って
いってくださったので、そこから話を膨らませることにしました。

空気と水の話で森の働きを簡単に(←簡単な話ではないのに)したあと、
スギ、ヒノキ、クスノキ、ヒバの4種の香りを嗅いでつみ木と同じ香りを
充てるクイズをしました。

木の姿を直に見れないけれど、それぞれ違うことを知ってほしかったのです。
千年の森で切ったスギ、学生ボランティア遊々の森のヒノキ、熊本で山ボラの
NPOを訪ねた先でもらったクスノキ、自然派コープで防虫用に買ったヒバです。

もちろん、反応の速い子、え~っ?と理解の遅い子といますが、
一人ひとりの反応が見えるのが少人数のいいところでもありました。

あっという間に、学校、お城、公園、もちろん家も道路で繋がり、神社やお寺、
なんと秘密の基地までできていました。絨毯を離して敷いたところを、生徒が
ちゃんと川に見たてて橋がいくつもかかっていて、森もある
                       ・・・素敵な町が出来上がりました。

スカイツリーと通天閣を作ったのは意外にも先生たち
そして意外にも子どもたちは身近な建物を作っていました。

2011_0617_165545-P6170032_convert_20110617211846.jpg

出来上がった作品をみんなでぐるり回って鑑賞し、作品の発表をしてもらい、
空気(木の葉がつくる酸素)と水(バーチャルウォーター)のクイズも。
最後に、被災地で行った「森のつみ木広場」の作品『焚き火を囲む人たち』を
見てもらって終了です。この作品は体験しないと思いつかないものでしょう。

          1957d75c325b9237caa8312b136287801.jpg
 

今まで、大人数での実施ではプログラムの進行に気を取られがちで
一方通行になる感じでしたが、小回りの効く小さな森のつみ木広場も
いいものでした。








スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

おしず

Author:おしず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR