FC2ブログ

森のつみ木広場

2014.11.03.12:42

10月31日(金)
今年度最初のつみ木広場です。
運転ドクターストップの私は以前のように『飛び込み営業』?
出来なくなりましたが、恒例のK幼稚園だけは大丈夫
と思っていました。
その通り、今年も出来ることになり、今回はまた園のご希望で
お寺の本堂で実施しました。
園児たちにとって、お出かけしていつもと違う場所、普段行く
ことのないお寺で遊ぶのは楽しかったと思います。

2014_1031_093909-PA310002.jpg

てっきり、メンバーである住職さんが進行してくれるものと油断
していたら、サッとマイクを渡され、ウウ~ン!
ドギマギしながらのスタートでした。
2014_1031_092924-PA310001.jpg

2014_1031_095810-PA310006.jpg

私の心構えも緩みがあって、気が付いたら1万個のつみ木が
全部撒かれ、園児たちはその中に埋もれた状態。(笑)
動きが取れない! ほどほどでないといけないことが判明。
ごそごそと片付けて回りました。次回からの参考に!

時間がゆっくりあったので、2回のつみ木づくりや鑑賞の時間も
たっぷり取れました。こんな素敵なのもありました!
2014_1031_104223-PA310008.jpg
満足しすぎて「お約束」を忘れ、走りだす子も・・・・・。
そろそろ終了です。
いつものことですが、子ども達「おかたづけ」大好き!速い!です。

片付けたあとは、紙芝居で今遊んだ意味を確認です。
遊んでいた時の賑やかさとは打って変わって、とても静かに
熱心に聞いて(見て)もらえて私も満足でした。
2014_1031_110611-PA310011.jpg
(仏様におしりを向けて申し訳ありません)

11月にはありがたいことに、広場の予約が2回入っています。
上手くいくのか気がかり、そして、
どんな子どもたちなのか、今から楽しみ♪


スポンサーサイト



ミャンマーからの小さな訪問者

2014.11.03.11:13

10月9日(木)
ミャンマーから「子どもの森」計画(CFP)の親善大使として
2人の子どもが松山を訪問してくれました。
2人とも10歳。住んでいる小さな田舎から出るのも初めて
と言うことですが、現地オイスカの先輩バンさんの引率で
はるばる日本まで飛んできました。
東京で1週間ほど、その後四国4県を訪問し、愛媛を最後に
10日には成田まで行き、翌日帰国です。
9日の午後に松山に到着。2人でミャンマーの事情を発表
してくれました。とても堂々としていました。
・・・バンさんの通訳で私達にも理解しやすく・・・
バンさんは以前に香川の四国研修センターで学び、
2007年の愛媛の植林の時も参加してくれたそうです。
今は国で、「子どもの森」計画コーディネーターや林業担当
などオイスカで活躍する青年です。
私のことも覚えてくれていました。上手な日本語に、つい
いろいろ話しかけてしまいました。
報道機関も2社来てくれていて、友人が私を見つけたと電話を
くれました。私より肝心な報道は理解してくれたのかなあ。

発表の後は歓迎会です。
男の子ピョーの横に座った私、言葉は全く通じませんが何とか
なるもので、食べてはいけないものとか確認しながらお料理を
小皿に盛ってあげると、彼は「アリガトウゴザイマス」。そして
私の分を取ってくれようとするのです~紳士です~~~!
モジモジすることなく楽しそうに食べてお腹一杯になったから
もういらないと合図。「オゴチソウサマ」
女の子ティンは彼とバンの向こうの席で少し遠かったの
ですが、とてもハキハキしているようでした。

2009_0101_000000-P1010004.jpg

食事が終わり、2人が「子どもの森」計画用に作った曲に合わせ、
ダンスをしてくれました。曲はUチューブに配信しているとか。
で、お土産があるというのです。会長と私にヤシの繊維で編んだ
小箱をくれたので、その箱を開けると、ピョーがすかさず中の
飴玉大のものを私の口へポコリン!(笑×笑)
先の発表の際にあったヤシ樹液から作ったお砂糖ですう~。
Oh、あま~い!! 作るのにはとても手間暇かかります。
参加者みなさんに食べてもらって、お開きに。

彼らが今植えている木が森を作り、水を生み、畑を潤す時を
想像しながら見送りました。どちらが見習うべきなのか・・・・・。
日本発で「子どもの森」計画が進められていることを、とても
誇りに思います。
こんな素敵なことを思いついたオイスカの先輩方、イェーイ


プロフィール

おしず

Author:おしず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR