FC2ブログ

森のイスキア

2012.09.22.12:32

9月20日(木)

佐藤初女さんの講演を聞きました。
映画「地球交響曲」で、森のイスキアを知りました。
講演に先だって初女さんの日々の生活が映像で紹介されました。
心こめてつくる「おにぎり」が印象に残ります。

どう言えばいいのか・・・森のイスキアは
空気全体が「癒し」に包まれているところ!
ご本人は、普通に暮らしてきたらこうなったと言われましたが、
初女さんが育てた居場所です。
ご自分が全ての「もの」「こと」に感謝し続けて来られたことが
この空気を創られたのでしょう。

食が生き方に繋がるというお話に、納得でした。

最新の本には娘にピッタリの、子育てに悩む母親に対する
アドバイスになる言葉がたくさんありましたので、購入して
送ることにしました。


スポンサーサイト



やろうぜ

2012.09.16.16:00

9月15日(土)

森づくりを「やろうぜ」ってそのまんまのネーミング。
かなりプロの集団で、私なんかが手出しすることもないのですが、
何故か発足当時からメンバーに入れてもらっています。

13か月振り、初めての山作業です。
といっても、登るだけで精いっぱいだとは思っていました。
「タンカーがいるかも」なんて言われながら・・・
踏みしめる足に感じる土の感触が嬉しく、緑の空気の美味しいこと。

2012_0915_085411-P9150019_convert_20120916152336.jpg
この道から逸れて山道に入ります。

土に帰っていく木
        2012_0915_092530-P9150022_convert_20120916153017.jpg


きもちのいい青空
        2012_0915_092332-P9150021_convert_20120916153412.jpg

ゆっくりゆっくり登りついたころ、もう作業は始まっていて
刈り払い機でじゃんじゃん刈っていました。

刈ったあと、草の匂いがぷんぷん。
2012_0915_101555-P9150023_convert_20120916153953.jpg

トチの木の葉
        2012_0915_103526-P9150025_convert_20120916154857.jpg
        私の手の何倍?!

帰り道で見つけた、風に落とされてしまったどんぐり
        2012_0915_142655-P9150027_convert_20120920134522.jpg

        
刈った後、鎌で木にまとわりついた草や蔓を取り除き、気持ち
良さそうになった木を見て、満足まんぞくです。

森を作るなんて言いながら、森や一緒にボランティアをする人たちに
支えられているのです。



森のつみ木広場

2012.09.15.16:30

9月14日(金)

紹介して頂いた新しい小学校で開催しました。
2012_0914_150933-P9140012_convert_20120915154946.jpg
準備はできたものの、放課後集まる子どもたちはなかなか
来ません。ボランティアの方たちも待ちぼうけ。

2012_0914_153456-P9140013_convert_20120915155403.jpg

20分以上遅れて集まった子どもたちは約80人。
エ~ッ!30人余りと聞いていたのに!
森の話をする間もなく、早速つみ木のシャワーから
始めます。

スタートが遅かったので1時間しかない!
人数も多すぎ!
案の定ざわつき過ぎです。  ・・・ちょっと辛い!

こちらが考えている「森の」という目的がなかなか理解されず、
ただのつみ木遊びと取られるのはこちらの伝え方が足りないと
いうことだと考えさせられました。

2012_0914_160322-P9140018_convert_20120915161314.jpg

最後に、みんなで作った「街」を舞台の上から眺め、街の名前を
付けました。

バタバタと終わった「広場」でしたが、子ども達にとっては
木の香りに触れながら楽しい時間だったようです。




マングローブ植林現地から

2012.09.11.15:26

9月10日(月)

スケジュール表を見ては、「今頃、みんな植えてるんだな」
「そろそろ終わってマングローブ工場へ行ってるころかなあ」
なんて一人思っていると、現地からメールが入りました。
「上手くいったよ。満満足!」

初めての海外で参加してくれた元職場の先輩、最長老?Yさんの
ことが他の人たちとの年齢差が大きいので、ちょっと気になって
いたのですが、「彼は120%楽しんでるよ。」とのことだった
ので、安心しました。

若者にとっても、気持ちの若い高齢者にとっても、心に残る
植林になることでしょう。
木を植えると、心にも森が出来ます。

この1年あまり森へ足を運べなかった私ですが、たくさんの森を
感じることが出来て、つくづく「わたしの森」があって良かったぁ
と思いました。


オイスカ愛媛県支部マレーシア植林

2012.09.09.19:40

9月9日(日)

今、7時30分です。
植林一段は飛行機を乗り継ぎ、バスでそろそろペナンに着く頃。

2004年タイのプーケット植林からスタートして毎年参加
してきた海外植林ですが、今年はとうとう参加を諦めました。
悔しいですが、年齢のこと、体調のこと、何より心配をかけた
家族のことを思うと、どうしても行くとは言えませんでした。

そこで、思いついたのが恒例の千羽鶴です。
荷物になりますが、快く引き受けてもらえたので、今年も私の
千羽鶴が植林の地へ届きます。
Mちゃん、ありがとう。
嬉しい
次回は自分で届けたいと思います。

これで、私の折った千羽鶴はタイへ4千羽、マレーシア2千羽、
ウェールズⅠ千羽、アメリカⅠ千羽になりました。
何の取りえのない私は、ただ千羽鶴に願いを込めて折り続けたい
のです。

収穫祭

2012.09.09.19:21

9月7日(金)

新・新米?(モミすり機から最初に出てきたお米)を炊いて
みんなで収穫のお祝いをしました。

まずはモミすりしたお米(30Kg)を10Kg希望者用に分けます。
機械からは30Kg単位で出てくるので意外に大変な作業のよう
で、腰に来た人も。普段力仕事していないから
       ・・・見ていただけの私は何も言えません。

2012_0907_103242-P9070006_convert_20120909185422.jpg

2012_0907_103143-P9070005_convert_20120909190114.jpg

どんどん袋詰めが出来ていきます
   2012_0907_103446-P9070008_convert_20120909190621.jpg

最初の新米のご飯が炊きあがりました~!
もちろん玄米です。
正真正銘、無農薬ですから安心して食べられます。
2012_0907_113634-P9070011_convert_20120909190934.jpg

2012_0907_112221-P9070010_convert_20120909191134.jpg
持ちより野菜の炒め物、田んぼの師匠が用意してくれた手作り
ぶどうジュース、筑前煮、他にもたくさんあったのですが、
お喋りと食べるのに忙しくて撮り忘れました。

そう言えば、たしか私の復帰祝いも一緒にしようと言って
くれてたのですが、そんなこと本人もすっかり忘れ(笑)、
終わるころチラッと思いだして頂けました。
いえいえ、私の方が皆さんに感謝する言葉を言えなかった
ことの方が心残りでした。

いい日でした



収穫

2012.09.05.16:37

9月5日(水)

2012_0905_074704-P9050008_convert_20120920133710.jpg
  田んぼの隣、師匠の畑のトロロアオイ
                   痛み止めになるそうです。


今日は稲刈り。
昨年私がくも膜下出血で倒れた日でもあります。
1年後の今日、稲刈りに参加出来るなんて、
なんて幸せなことでしょう

2012_0905_080905-P9050010_convert_20120905155444.jpg
コンバインを使うので畦に近い数列を刈り取ります。

2012_0905_083602-P9050013_convert_20120905155800.jpg
大きな機械はまるで怪獣がやってくるようで、早くからなきゃあ
と、ちょっと怖い!

2012_0905_090946-P9050017_convert_20120905160129.jpg
さすが!怪獣はあっという間に稲を刈ってしまいました。
端っこを刈り終わったらただ見とれるしかありません。

2012_0905_091702-P9050019_convert_20120905160537.jpg

2012_0905_101529-P9050023_convert_20120905162059.jpg

即、軽トラの背に積み込むと倉庫にある(ああ~名前を聞けば
よかった)機械にかけて、玄米ができます。
その様々なシステムがよく出来てるなあと感心してしまいました。

田植えと稲刈りに参加してくれるおちびちゃんたち。
2012_0905_092928-P9050022_convert_20120905161305.jpg
退屈になるとすぐ遊びを見つけます。
そして、今回は用意もバッチリ!
2012_0905_084157-P9050015_convert_20120905161641.jpg
私も欲しい地下足袋ですよ!
やる気満々でした。


皆さんに心配していただきながら、自分としては思って
いたより刈る作業が出来たような気がしています。
皆さんに感謝!
少し弱めの日差しと爽やかな風にも感謝です

昨年、稲刈り直前に参加できなかった私としては
復活祭のような日でした。



プロフィール

おしず

Author:おしず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR