FC2ブログ

田んぼ

2011.08.29.16:15

8月29日(月)

田んぼの水当番なので早朝出かけました。

朝露に濡れた稲穂は、朝の太陽の光に輝いていました。
2011_0829_064514-P8290649_convert_20110829152853.jpg

1枚目の田んぼはすっかり水が無くなって2011_0829_065213-P8290652_convert_20110829153446.jpg

早速、取水
2011_0829_065004-P8290650_convert_20110829153806.jpg
水量が多いので気持ちよく入っていきます。
流れの水音も心地いい。

畦の草も光っています。 2011_0829_065810-P8290655_convert_20110829154801.jpg

2011_0829_065847-P8290656_convert_20110829154947.jpg

       来年の草引きさんの卵 2011_0829_065053-P8290651_convert_20110829155240.jpg

        タニシくんご苦労さん 2011_0829_065637-P8290654_convert_20110829155516.jpg

           たっぷり水を張った田んぼは気持ち良さそうです。
            2011_0829_071419-P8290657_convert_20110829155637.jpg


収穫間近
2011_0829_073540-P8290658_convert_20110829160706.jpg

安全なお米が収穫できる幸せを感じます。






スポンサーサイト



千年の森の下刈り

2011.08.29.11:20

8月28日(日)

夕方からウ~ン十年振りの小・中学校同窓会があるので、大人しくしていようかな?
とも思ったのですが、山に行けると思うとどうにもムズムズして・・・・・
秋の気配を感じさせてくれる川内千年の森へ出かけました。

2011_0828_093720-P8280626_convert_20110829102423.jpg

早速、山の秋に出会いました。2011_0828_093156-P8280625_convert_20110829102604.jpg

天然のクワガタ、カブトムシのお出迎えです。
       2011_0828_094741-P8280627_convert_20110829102715.jpg

       2011_0828_094750-P8280628_convert_20110829102804.jpg

草に埋もれながら・・・下刈
2011_0828_100226-P8280629_convert_20110829102943.jpg
        左下に人の頭発見!

切りがないかと思われるくらい2011_0828_101856-P8280631_convert_20110829103055.jpg

それでも振りかえってみれば木の周りがスッキリしました。
2011_0828_104655-P8280633_convert_20110829103219.jpg
以前は闇雲に刈っていましたが、刈った草が肥料になったり、保湿の役割をしてくれたり
することに感謝しながら・・・・・しかし、やっぱりバッサバッサと快感(笑)
次回の下刈りの際に邪魔にならないよう、切った灌木の枝は小さくしてまとめました。
夏の終わりから生えてくる草は冬の寒さや風から苗を守ってくれるのだそうです。

作業中には目を楽しませてくれるものが・・ 2011_0828_112353-P8280641_convert_20110829103332.jpg

5cmくらい 2011_0828_105112-P8280638_convert_20110829105704.jpg

8cmくらい 2011_0828_112145-P8280640_convert_20110829110742.jpg

作業中は、先日訪問したNYやワシントンを、この最中にハリケーンが襲っているのかも
知れない、どうか大被害になりませんようにと思い続けていました。

のどかな半日を過ごし、体に幸せを詰め込んで帰れることに感謝!



帰り道、気になっていたお芋畑の小屋の様子をチラリ
2011_0828_130459-P8280643_convert_20110829111620.jpg
  県道からも目立つようになっています。
  ますます、秘密基地じゃな~い(笑)



忽那山下見

2011.08.27.11:34

8月27日(土)

朝から蒸し暑い日が数日続いています。
気温は一時ほど高くはありませんが、湿度が高いのでまるで梅雨の季節みたいです。

あちらこちらで局地的な集中豪雨のニュースを見ます。
いつ自分たちの地域が襲われるか、その時どうしたらいいのかも想像がつきません。

本「最後の選択」ではありませんが、突然悪天候や災害にあった時、人はその災害を
科学的に分析なんてしないで、きっと「かみさまッ!たすけて」と叫ぶのでは?!
冷静に、雷のシステムは?なんて考えません。ただ、怖いのです。

様々な現象が絡み合って自然の脅威となります。

自然界の美しい生物、奇想天外な生物、虫と植物がそっくりだったりするのを見たり、
大地や海底の不思議な造形を見たりすると、私はつい呟いてしまいます。
宗教とは関係なく・・・「神様って、絶対いるよね。遊んでるよネエ」

計り知れないもの、それが自然です。

私は森が好きで、できれば汗水流すのでなく美しい森を楽しみたいのです。
汗水流して、ごまめの歯ぎしりみたいに、木を植えたり草を刈ったりしても、
地球にとっては「大きなお世話」なのかもしれないと思ったりもします。

でも、なんで~、山へ行って、汗流して、へとへとになって~~???
なぜかというと、楽しいのです。楽しませてもらっているのです。
地球のためとか自然のためとかいうのでなく、自分のためにしているわけです。

ああそうか自分のため、少し広げても自分の子ども、孫のためにしている
ということに気付かされて、今めっちゃ納得している私です。
前々から、そんな気がしていたのです。歌好きな方がカラオケに行ったり、踊り
好きな人がダンス習ったりするのと同じなのかなあと(笑)

と・と・とっても長い前置きでしたが、
来月10日に忽那山の下刈りをするので、今朝下見に行ってきました。
忽那山には一応管理人と呼ばれる人(ボランティア)が居て、春に植えた桜の
下刈りや周辺の草刈りをしてくださっています。
何度か刈っているうち植生も変化してきているようです。

しかし、それ以外のエリアは物凄い荒れ地です。
秋にはまた少し植えたいので、その辺りの草を刈ることにします。
2011_0827_085501-P8270623_convert_20110827112256.jpg

一度刈ったあと新しいヨシ?が伸びて、緑がふっさふさ
2011_0827_085452-P8270622_convert_20110827112349.jpg
刈った草が電線に引っ掛かっているのも取り除かないと!




待ち遠しい実りの秋

2011.08.24.20:33

8月24日(水)

9月には収穫
2011_0824_165752-P8240621_convert_20110824194556.jpg

しかし、これは庭のバケツ栽培2011_0824_165714-P8240619_convert_20110824194820.jpg
なので、穂が少ししかついていませんが・・・

田んぼの稲はどうなっているかなあ



庭には他にも実り(笑)
2011_0824_164814-P8240615_convert_20110824195103.jpg
ナツメの木にヘチマ

ヘチマは棚だけでは満足しないで
ずんずん上へ、ナツメの木へ登り2011_0824_165143-P8240618_convert_20110824195739.jpg
お日様に近づいて喜んでいるようです。

棚ではちゃんと実らなかったのに、太陽に近い場所で実が育っています。




畑でパクッ!

2011.08.22.23:34

8月18日(木)

予定外で3歳の孫が来てくれたのは嬉しくもあり、理由が悲しくもありです。
義母が急逝したので、帰省の予定がなかった娘たちが葬儀のため帰って来ました。
お陰で、なかなか会えないと思っていた親戚の人たちとも会えました。
義母は自分のことはさておいて、いつも家族のことを案じている人でした。

孫が住んでいるところは都会とは言えないまでも、田んぼや畑とは程遠い場所です。
うちの草ぼうぼうの畑の中を構わず走り回ったり、バッタを捕まえたりしているのを
見て、ちょっと安心、嬉しくなりました。


キュウリが重そう! 2011_0818_160344-P8180551_convert_20110822232207.jpg

2011_0818_155923-P8180543_convert_20110822230732.jpg
くちへ、ポイ

2011_0818_160214-P8180550_convert_20110822230609.jpg

キュウリ、トマト、ナス、ブルーベリーの収穫、スイカを見つけて大はしゃぎです。
娘の家ではベランダでゴーヤやブルーベリー、ミニトマトを育てているので、
時々水やりのお手伝いもします。
植物が育って行く様子を肌で感じているせいか、畑の草や土に抵抗がないようです。

収穫の楽しさを、畑で食べるトマトやブルーベリーの美味しさを、
体で覚えていてほしいです。

そして、安全な食べ物がずっと収穫できますようにと願わずにはいられません。
それから、それから、
      いつか千年の森にも、アファンの森にも一緒に行きたいものです。

ほ!

2011.08.14.16:10

8月14日(日)

田んぼは先々週あたりから水を止めていたため、水当番がまだ来ません。
様子を見に行ったメンバーからの情報では、やっぱり草はないようです。
タニシさんたちの働きのお陰です。
結局、田植えの後の作業は、水管理以外はヒエ取り(ほとんどなかった
けれど)と、8月3日に肥料撒きだけ。

田植えのとき持ち帰った苗を鉢に植えていたのが、穂を出しました。
2011_0814_150006-P8140476_convert_20110814154835.jpg

田んぼはどうかなあ。
こんなズボラでいいのかなあ。
次回の水当番が待ちどうしいなあ。

今朝、ラジオで「農」の意味について放送していたのを聞き、紹介された
「農と自然の研究所」のHPを少しだけ覗きました。
お話の中にも出てきましたが、自然と共に行う農が他の生物を生かしている、
人のための食糧を作るだけではないということに、改めて気付かされ
ますます、農業の素晴らしさを感じました。

お楽しみ♪で作っているのではありますが、田んぼにオタマジャクシが泳ぎ、
トンボが巣立っていくのを見ると嬉しくて、ちょこっと自然界のお役に
立っているのかなと幸せを感じます




NY日記Ⅵ

2011.08.13.15:50

☆ 8月6日(土)

午前4時ホテル出発。

NY便がワシントン空港6時発なので、私達ダラス便7時発のグループも一緒に出発。
なんせ引率者が2人とも6時に飛んで行ってしまうので、せめて搭乗手続きだけでも
しておきましょうということで、私達には早い出発に。

荷物が日本まで直行でなければダラスでの乗り換えは不可能に近い。
とにかく、その日その時にならないと先が見えない。
とにかく、荷物は直行だと分かって ホッ!

NY行きグループが行ってしまい、心細いまま、しかもまた遅れ気味に飛んだ。
機内でふといいアイデアが浮かんだ
初日にNY到着時、がばいおばあちゃんたちと一緒にスルリと入国できたこと!
出国もこれでいけるかも

ダラス着。
早速、車椅子と一緒にやってきたヘルパーさん?は私達3人を車で国際便の
出発ゲイトまで連れて行ってくれるという。
NY着の時はみんな先に行ってしまっても出国してから時間にゆとりもあったが、
今回は他の17人を置いて3人がさっさと行くわけにいかない。

大きなヘルパーさんに、半分冗談とも本気ともで言ってみた。
「私達20人のグループなので後の17人は車のあとからついてきてもらいます」
彼はビックリ。

結局「みんなついておいで」というわけで、全員ヘルパーさんの案内で
電車に乗り、搭乗口まで無事到着。
やれやれ ヨカッタ~!

ところが、
せっかく上手く辿り着いたというのに、10時10分発が変更に変更で12時発に。
しかも途中でゲイトも変更に。
みんなチリジリに散ってしまう。
11時ころ、ふと電光掲示板を見ると搭乗開始の表示 ・・・・・エ~??
肝心のゲイトには何の表示も出ていない、アナウンスもない ・・・・・ナンデ~??
状況が読めないけど列は出来ているし、アレレみんな入り始めた ・・・・ドウイウコト??

そうしているうち、わがメンバーも少しずつ集まり搭乗しはじめたので
人数をチェックしながら待ったけれど、数人が来ない。
だって、12時発でしょう。搭乗はまだ早いでしょう!?

スタッフに「あなたも早く乗りなさい」と言われて「私達グループの人がまだ」
と言うと、「こっち来なさい」とカウンター内へ連れて行かれ、
アナウンスするようにと。
で、ダラス空港で呼び出しアナウンスしてしまった(笑)
効き目はバッチリ!
全員乗りましたぁ。みんな帰れる

席はバラバラだけど、ゲイトのカウンター内ディスプレイで確認済みなので
最後に乗った私は安心してシートに収まる。

2人掛けシートで隣はかっこいいビジネスマン風黒人の青年。へッドホーンを
つけたまま寝ている時も、起きて電子ブックを読んでいる時も姿勢を崩さない。
成田着1時間くらい前になって、ちょこっと私の片言英語でお喋り。
ここ4年ほど毎年ビジネスと観光で日本(神奈川)へ、奥さんが英語、日本語の
教師、ドイツにも住んだことがあるが、日本が一番住みやすいですって。
ヨイショかな?!
道後温泉と、OISCAのPRをしてさようなら
行きも帰りもOISCAのPRを国際的ッ!にした私ってエライ

成田着。
6日12時ダラス発、7日15時到着。
往路で得した?時間をお返ししたのでしょう?!
日付変更線のこと、時差のことは深く考えないで、日本の時間に切り替え。

松山便の最終に間に合うので、羽田へ。
しかし、いろいろあった旅は最後の最後までいろいろ(笑)

日本の旅行会社に1日ずれたことで私はどうやって松山空港まで帰ったら
いいのか問い合わせていた。彼は一応手配したので、欠航&遅延証明を見せて
羽田空港のカウンターで「がんばってください。多分大丈夫です」
                        ・・・頑張るって??

またドキハラしながら羽田まで移動し、まっしぐらにカウンターへ。
無事チケットを手に入れ、ルンルンでいたら松山便の遅延。ハ~ッ!
しかし、アメリカと違って、たった5分遅れからひっきりなしにアナウンス。
10分遅れ、15分遅れ・・・結局45分遅れたが、「ここで待っている
人たちは知らない人だけどみ~んな一緒」な気分で、何の不安もなく(笑)
待っていられるのでありました。






我ながら、一部始終よく覚えていられたと思います。
というか、こんなにたくさん書いてしまいましたが、
まだまだおかしくて面白いことはありました。
あまり気の進まなかった旅でしたが、行くからには
楽しまなきゃあという乗りで、特に同行の方たちに
ご迷惑にならない1人歩きのときは、ちょっと・・・ネ!?


マンマミ~ア・恥ずかしげもなく 2011_0731_222932-P7310040_convert_20110813145245.jpg

     バッテリーパークのおまわりさん 2011_0731_231335-P7310043_convert_20110813145348.jpg

 2011_0801_014136-P8010061_convert_20110813145600.jpg

ブロードウェイの牛さん、私はどこに? 2011_0801_024005-P8010076_convert_20110813213710.jpg



3日間通った国連関連ビルを見上げて
2011_0802_024010-P8020132_convert_20110813150238.jpg

その下、お向かいのユニセフを見学した園児たち 2011_0802_023938-P8020130_convert_20110813150131.jpg

郵便局の親切なガードマン 2011_0803_023315-P8030207_convert_20110813150348.jpg

ペンホテルにやってきた女性警官=女性は珍しくない2011_0803_214105-P8030232_convert_20110813150619.jpg

Save The Children 2011_0803_224237-P8030239_convert_20110813150752.jpg

セキュリティーにはたくさんのワンちゃんが働いている2011_0805_051649-P8050403_convert_20110813153507.jpg


さてさて、空を見上げる景色は・・・・・

確かにすばらしい建築物がたくさんそびえ立っていましたが、 
 2011_0803_014116-P8030204_convert_20110813154006.jpg



やっぱりこんな風景が幸せを感じます

   2011_0806_030806-P8060442_convert_20110813154131.jpg





NY日記Ⅴ

2011.08.12.20:47

☆ 8月5日(日)

朝5時起きでホテル6時出発。
10時ワシントン空港発でシカゴ経由成田へ・・・飛ぶはず・・・

が、空港に着いてみてから飛ばないことが判明。ウッソ~!
しかも、日本の旅行社が2組の団体で申し込んでいたことで、翌日の便は
6人がNY経由、20人がダラス経由になるという。ダ・ダ・ダラス?どこ?
しかも、しかも、引率者2人が6人の中にはいっているのは、どうして!?
言葉がない

実は、これは私の願いが叶ったのでありまして・・・ミナサンゴメンナサイって
私が謝ることではナイ。
密かに心の中で、この美しい街ワシントンにもう1泊して
ポトマック川のほとりを散歩出来たらいいだろうなあと思っていた
正確にはポトマック川の下流なのかな?

ホテルの手配、明日の便の手配、私は関係ないけれど保険に入っている方たちの
欠航証明手続きで、待って、待って、待った・・ツカレタ~。

待ちながら、空港内で使える12ドルの食事券をもらったのでゆくりランチができる。
2011_0805_230520-P8050421_convert_20110812202937.jpg

夫のお土産はカラフルゴルフボール3個のみ・ここで2011_0805_231823-P8050423_convert_20110812202719.jpg

ランチはここで2011_0805_235706-P8050424_convert_20110812203513.jpg
ファーストフード系なのにお水とおまけのパン?をテーブルまで持ってきてくれた。
「ありがとう!」
とても1度に食べられる量でない 2011_0805_235914-P8050427_convert_20110812203951.jpg
スープとグラタンを頼んだらこんなに!一つ一つが大きいのですよ!
サラダを半分とパン2枚?を持ち帰る。

空港から車で15分かからないくらいのアレクサンドリアへ。
ホテル、やっと「ホテル」といえるホテルに到着
部屋は高い階を希望したら11階(12階建て)になり、美しい眺め。
早速、すぐ近くに見える川に沿って散歩。公園や散歩道が延々と続く。美しい!
2011_0806_025402-P8060437_convert_20110812205106.jpg
川の大きさも半端ではない 2011_0806_030241-P8060440_convert_20110812220127.jpg

公園には家族連れなどゆっくり時間を過ごす人たちがいる。

おや~、マウンテンバイクさんたちが風を切って走っている。これは!
2011_0806_040712-P8060454_convert_20110812222004.jpg
私も走りた~い!でもレンタル自転車がそんなに簡単にゲットできるかな?
ホテルまで帰ってフロントで取り敢えず聞くと、なんと2分も歩いた所の
自転車屋さんが扱っている。1時間20ドルですって。ちょっと高いけど・・・。

お店へ行ってみると、3時間20ドル。これは乗るっきゃない
ママチャリタイプのサドルをいっちばん下に下げてもらってやっと地面に足がついた(笑)
                      2011_0806_034913-P8060450_convert_20110812222304.jpg

しゅっぱ~つ!
       2011_0806_035751-P8060451_convert_20110812204536.jpg

最初は線路に沿って・・列車は1度も見なかった 2011_0806_040650-P8060453_convert_20110812205735.jpg

森の中は地面を板で保護している。
2011_0806_042104-P8060458_convert_20110824205925.jpg

自動車道に沿って・・といってもかなり離れて2011_0806_041739-P8060456_convert_20110812210015.jpg

沼地 2011_0806_042207-P8060459_convert_20110812210138.jpg

               ヨットハーバー 2011_0806_042657-P8060460_convert_20110812210304.jpg

巨大駐車場が見えてきて、道はここから街の中へ
2011_0806_043805-P8060462_convert_20110812210427.jpg
走っている人たちには撮影を頼めないので、Myバイクを被写体にした。
次々と変化する景色を楽しみ、来た道を帰りながら心地よい風の感触を楽しむ。

いったんホテルでお茶。先日レストランで女性のみ頂いたお土産のお菓子と
部屋のコーヒーでエネルギー補充した後、街を探検してみることに!

煉瓦造りの住宅が多く、そのエリアに一般人は入ってはいけない。
散歩道を自転車は走ってはいけない。
さりげない表示がやっと目にとまるようになるまで少し時間がかかり・・・ゴメンナサイ
お店も外からは営業しているように見えないのに、中は広くてお洒落なディスプレイ。
走っている車は少なく、歩行者や自転車には徹底的に道をゆずる。

快適なサイクリングをたっぷり楽しんで午後6時。

夕飯は持ち帰ったランチの残りを公園のベンチで・・・と計画していたが、
反省会があるからと呼ばれ、ちょこっと変更。My夕飯持参でしばらく参加。
食べて喋って・・反省はしない・・明日朝用にバナナをちゃっかり戴いて、
8時近くなってもまだ明るい光に誘われて再び川べりの散歩に出た。
暮れていくポトマック川のほとりで結婚を祝う人たちに出会う。フレンドリーな人たち。
わがまま旅人の私は、目いっぱい1人歩きを味わった。
2011_0806_032100-P8060446_convert_20110812204737.jpg


明日は、 きっと、 多分、 帰れる!

ダラス空港乗り換え1時間をみんなで頑張ってクリアしよう




秘密基地○△□小屋

2011.08.12.16:39

8月12日(金)

畑の仲間で休憩小屋を作っています。
秘密基地の名前はまだないので、○△□。
不要になったプレハブを譲り受け、木材もどこからかゲットしてきた
田んぼの師匠の顔の広さ!・・・・・恐れ入りました。

女組、木材の皮を剥いでおきます。
2011_0812_105037-P8120472_convert_20110812154345.jpg

  男組、楽しそうです 2011_0812_102028-P8120470_convert_20110812154759.jpg
  ロープを使って力づくで柱を立て、横木ものせました。本当に重いのですよ。

  2011_0812_104958-P8120471_convert_20110812154906.jpg

棟上げ  2011_0812_110824-P8120473_convert_20110812155006.jpg
プレハブの横に大きな廂を作ろうというのですが、柱が立派過ぎ?(笑)
トウモロコシ・・・育っているのもあります

屋根の上から見た畑
2011_0812_114111-P8120474_convert_20110812155112.jpg

私はここまでで先に帰ったのですが、あとの作業はもっと大変。
この様子を近所で見ていた方がいたのです。
見るに見かねて、フォークリフトを持って駆け付けてくださったのです。
有難いことです
しかし、もう秘密基地ではなくなり、「みんな寄っといで~!」の小屋に

暑い時は、こうやって思いっきり汗をかいていると快感です。
もちろん、休憩と水分補給は十分に





NY日記Ⅳ

2011.08.12.00:11

☆ 8月4日(木)

早朝から高速鉄道 Northeast Regional でワシントンに移動。

荷物をポーターに預けると全員の席を確保できる。それに、発車するホームは
その時刻の15分前に表示されるので、荷物を持って大急ぎで出発ホームへ移動は
難しいだろうということで、不安に思いながらもポーターに預けた。
2011_0804_200133-P8040327_convert_20110811222837.jpg
ホームをギリギリまで表示しないのはテロ対策のため。ヒエ~!

駅はホテルの真向かい。地下鉄と違って空港ターミナルのようにきれい。
発車時刻になっても掲示板に表示はでないし、アナウンスもなし。ひたすら
電光掲示板をチェックするしかない。かなり遅れて発車。

2011_0804_194055-P8040326_convert_20110811223101.jpg

荷物が積まれているか一応チェックし、やっと安心して体をシートに沈める。
「車窓から」・・・期待しすぎたのか、それほどでも。
ビュッフェも小さな小さなファーストフード店という感じ。テーブルをはさんで
シートがあるので、パソコンで仕事?している人もいる。

途中停車した駅でドキドキしながらホームに降りて列車の端っこを見ようとしたが
余 り の 長 さ で 見・え・ず! 2011_0805_001905-P8050332_convert_20110811223441.jpg


ワシントン着 2011_0805_004117-P8050336_convert_20110811223651.jpg
とにかく荷物を失ってはいけないとずっと配送車についていたら、気が付いたら
駅の外に出ていた私(笑)
2011_0805_004957-P8050344_convert_20110811223922.jpg
ワシントン駅はとても美しい!
お洒落!パパとデイトのかわいいおチビちゃんも2011_0805_004930-P8050343_convert_20110811224527.jpg


ワシントン駅に心を残しながら迎えのバスで到着したのは米州開発銀行。
2011_0805_011359-P8050351_convert_20110811224727.jpg
素敵なビル。後で伺うと元ホテルだったものを買ったそうだ。やっぱり!
しかし、入館にはまたパスポート提示や空港並みのチェック。2011_0805_011723-P8050352_convert_20110811225324.jpg

日本人スタッフに開発銀行の働きについて話を伺った部屋に、参加国の国旗。
本当の!銀行の仕事しているなあという感想を持った
2011_0805_022034-P8050354_convert_20110811225535.jpg

職員用レストランでランチ。
国連は工事中で仮食堂だったので、こちらの方がとっても素敵というかお洒落。
こちらにも国際色豊かなメニューが並んでいる。今回はお勧めランチセットを。
安い! 2011_0805_023320-P8050356_convert_20110811225658.jpg
カップが大きいのでコーヒーを半分入れてレジへ 2011_0805_024149-P8050359_convert_20110811225747.jpg
カップを覗きこんで、笑われた。残したら悪いでしょう

説明してくださったスタッフ。
2011_0805_023818-P8050358_convert_20110811225858.jpg


いよいよホワイトハウスへ・・・

街の東西南北の中心2011_0805_033855-P8050368_convert_20110811231355.jpg
この向こうに 2011_0805_033803-P8050367_convert_20110811230755.jpg

2011_0805_033043-P8050364_convert_20110811230855.jpg
アノときから常に屋上から狙撃兵が監視しているそうなので、複雑な観光。

リンカーン記念碑
2011_0805_041214-P8050374_convert_20110811231557.jpg
左右の顔で表情が違うとか。 2011_0805_041247-P8050375_convert_20110811231648.jpg

じっと見ていると、意義深い文章が読み取れる!?
          2011_0805_042638-P8050388_convert_20110811231755.jpg
とても有名な言葉が書かれているが、皆さん気付かないで踏んづけて歩いている。

フォレスト・ガンプのシーンを思い出しながら・・・2011_0805_042341-P8050385_convert_20110811232038.jpg

航空宇宙博物館へチラリと寄り、2011_0805_050848-P8050400_convert_20110811232300.jpg

夕食は開発銀行裏手、行員さん行きつけのドイツ料理店「モーツアルト」
2011_0805_072127-P8050410_convert_20110811233301.jpg

       2011_0805_082856-P8050412_convert_20110811233409.jpg
バックグラウンド付き、リクエストもできる2011_0805_073020-P8050411_convert_20110811233458.jpg


街並みは外への明かりもトーンが低くとても落ち着いている。
ホテルへ帰る前に寄ったモールの入口は周りと違ってかなり目立って明るい。
2011_0805_101142-P8050416_convert_20110811233628.jpg
中は別世界のように賑わっていて明るさに驚く。2011_0805_095505-P8050415_convert_20110811233720.jpg
時間を忘れそう。9時はとっくに過ぎている。

今日も長い長い1日が終わって、NYよりは少しホテルっぽい部屋で(笑)休み、
そして明日はワシントンからシカゴ、シカゴから成田


                       ・・・・・のはずだった






E4プラットホーム

2011.08.11.21:40

8月11日(木)

E4の今年の研究対象は双海町下灘。昨日は現地見学や交流がありました。
大学生、高校生、一般が一緒になって地域の未来を考えようというもの。
今日2日目は、県水産研究センターの和田氏による「瀬戸内海の環境と漁業に関する
話題」と愛大南予水産研修センターの竹ノ内氏による「水産業のマーケティングから考える
~モノづくりからコトづくりへ」のお二人のお話を伺ったあと、グループごとに
それぞれ担当エリアについて提案を作成し、発表です。

昨日参加しなかった私は本谷を調査したグループへ入らせてもらって・・・
黙ってミーティングを見学?するつもりだったのですが
「口出し」は止められなく、大学生さんがきっとまとめにくかったと思います。
ゴメンナサイ

高校生が発表担当で、5チームがそれぞれユニークな提案をしました。
2011_0811_142343-P8110466_convert_20110811212110.jpg

高校生、大学生、一般各2人で作ったものを高校生2人が初々しく発表します。
2011_0811_150958-P8110468_convert_20110811212406.jpg
彼女たちにとって、貴重な体験になったことと思います。
還暦過ぎて体験したマネジメントスキル講座を思い出しました。
高校生の一人は既に地元で地域の活性化参加していて、早くからこういう体験が
出来ることはすばらしいことです。

終了間際に、インターネットでモザンビークの大学と繋がり生徒たちはびっくり。
手を振り名前を言い合うくらいでしたが、つくづく地球は小さくなったものです。
で、今の気温を聞いてみました 21度 エ~?
そうです、あちらは南半球なのでした


NY日記Ⅲ

2011.08.10.23:37

☆8月3日(水)

とても興味があり楽しみにしていた NGO Save the Children International 訪問
国連に近い場所に事務所があった。古いアパートのような建物の小さな一室にある。
国連に働きかけやすいよう地理的な面も考慮しているようだ。
2011_0803_224354-P8030240_convert_20110810213045.jpg

2011_0803_230351-P8030242_convert_20110810213205.jpg
チカさんの通訳でとてもいい説明会に。

ところが会の最中に煙臭い!イエなんと本当に煙が・・・
窓の外を見ると既に放水が始まっている。いつの間に燃えだして、いつ消防車がきたの?
2011_0803_232534-P8030249_convert_20110810213819.jpg
会議室の壁1枚外の巨大ゴミ箱が燃えていたが、臭い中、煙の中、避難することもなく
会は続く。これってやっぱり日本じゃ考えられない。こんなことがしょっちゅうあるの?
と尋ねたら「初めてよ」・・・スタッフも私達も妙に落ち着いて・・・消防活動は延々続く(笑)

2011_0804_001357-P8040250_convert_20110810214613.jpg
帰るまでにはちゃんと消えていたけれど、ずっと臭かった><;

組織の成り立ちに違いはあっても、どのNGOも抱えている資金集めについての
質問が多く出た。
現地状況により必要とされる援助を話し合い決定し、それぞれのプロを派遣する。
東北震災の時も派遣されたそうだ。
事業経営の改善方法としても参考になる説明があった。

さて、昼食会場へ・・タクシーを拾うのがまた一苦労なのでいい場所を求めて
歩いた。この辺り古い建物の住宅地に涼しげな公園があり落ち着いた雰囲気。
街のあちこちに小さな緑地帯のような公園があり別世界を創っている。
2011_0804_002425-P8040254_convert_20110810215447.jpg

中華料理店「CHEF YU]全員の意見交換を兼ねての昼食。
        2011_0804_011505-P8040256_convert_20110810215953.jpg
特に佐賀のがばいばあちゃんお二人連れの積極的な挑戦のお話に興味津々。
世界を飛び回っている2人には「がばい」という言葉がピッタンコ!


3時終了予定が珍しく早めに終わり、やっとやっと自由時間を与えられる

ルンルン私の時間だ
 よいしょッ 2011_0804_042140-P8040258_convert_20110810221911.jpg


スケジュールは決めてあった。
思いっきりセントラルパークを歩くこと。
チカさんもフリーなので一緒に歩いて下さることに。またまたラッキー

ということで、地下鉄で移動し、南入口からスタート。
  2011_0804_041818-P8040257_convert_20110810222626.jpg
   こんなイメージを持っていたが、意外にアップダウンがあり大きな岩もある。
イギリスを思い出させるたくさんの椅子2011_0804_044635-P8040266_convert_20110810223047.jpg

小鳥もリスも人を怖がらない 蝉も賑やか トンボもいた 2011_0804_050120-P8040273_convert_20110810223341.jpg

街でも公園でも様々なパフォーマンス2011_0804_043613-P8040260_convert_20110810223751.jpg

再び森の中へ 2011_0804_045746-P8040270_convert_20110810224029.jpg


子どものゾーンは自転車進入禁止 2011_0804_055755-P8040287_convert_20110810224413.jpg

セントラルパークのてっぺん。2011_0804_052212-P8040279_convert_20110810224842.jpg


ボート遊びの集う池、野外シアター、噴水、湖、もちろん広い広い芝生・・・
歩きながら近景も遠景も大きく変化していくので、もっともっと先へ行きたくなる。
湖の周りはジョギングコースで一応?一方通行になってはいるが、どちらからも来る。

さて6時30分、セントラル駅に向かう。
私達は、公園を4分の3くらい北方向へ歩いていた。
公園から出るとやや街の雰囲気が違い、チカさんはリュックを前にかかえた。

グランド・セントラル駅
すごい
建物、特に天井もすごいが、人の数も半端じゃない。
こんなところで迷子になったら帰れないと思いつつ、一瞬迷子になった(笑)

ところで、目的のレストランが・・・・・ない!
予約はちゃんと受けてくれたのに、そこはクローズになっていて焦ったが
街中にあるレストランに辿り着いた。私達こんな恰好で入っていいの?
みたいな。 そんなことには構わず、ウェイターのサービスはばっちり
それ以上にお料理がおいしい
お上りさんは、一品ごとに撮ってみた。
2011_0804_090201-P8040310_convert_20110810230506.jpg
2011_0804_091524-P8040311_convert_20110810230625.jpg
2011_0804_094138-P8040312_convert_20110810231118.jpg
2011_0804_102114-P8040313_convert_20110810231211.jpg
2011_0804_103329-P8040314_convert_20110810231309.jpg
デザートのあまりの可愛さに食事を一緒にした他の3人分も撮ってしまった。
<わあハズカシイ~一緒にいた人たちスミマセン>
「おごちそうさまでした」

グルメじゃないのに、やたら美味しい食事に出会っている








NY日記Ⅱ

2011.08.10.13:20

☆ 8月1日(月)

今日からのスケジュールの変更は、無計画でいてほしかったくらいコロコロ変更。
自由行動の時間はほとんど待機時間に変更される。

2011_0801_230041-P8010099_convert_20110810101421.jpg

2011_0801_230336-P8010100_convert_20110810101813.jpg

2011_0801_230400-P8010101_convert_20110810110552.jpg


国連本部訪問
国際空港並みのチェックを受ける。

入ってすぐ目に付いた写真
2011_0802_002147-P8020106_convert_20110810102631.jpg
この画像をよく見ると
2011_0802_002106-P8020104_convert_20110810102826.jpg
世界中の難民の写真の集まり。

国連のレストランへは特別許可証で。
料金は飲みもの以外を重量で計算するバイキング方式。多国籍料理が並ぶ。
マンハッタンを眺めながらランチ 2011_0802_012905-P8020124_convert_20110810103155.jpg

国連近くにはユニセフのオフィスも。
2011_0802_023712-P8020127_convert_20110810104201.jpg

大使の説明会が変更になり、待ち時間に国連前のホテル37階で休憩。
初めてこんな高い所からの景色。
2011_0802_031346-P8020136_convert_20110810105300.jpg
私のホテルとはえらい違いッ!
ペンシルバニアホテルは隣のビルと近いので空は遥か上遠くチラリ。道路は見えない。

広報担当の方からお話を聞く。
2011_0802_050729-P8020143_convert_20110810105857.jpg


夕飯はホテルの出口でばったり出会った知花さんに誘われてチャイナタウンへ。
チカさんはNYに長く住み、大学でオイスカについて研究されている将来の博士さん。
私達のために、論文づくりで忙しい最中に通訳をしてくださっている。
2011_0802_080456-P8020150_convert_20110810110940.jpg
さすが、彼女お勧めのお店! これまた美味しい
ゆっくり食事してお店を出ると外でまだ大勢待っている人たちが居る。
2011_0802_090340-P8020154_convert_20110810111845.jpg

「待つ」ことにかけて、ニューヨーカーは全くノープロブレム。

帰り道、リトルイタリアを少し歩いてみた。2011_0802_091854-P8020156_convert_20110810112559.jpg

で、陽気なお兄さんに引かれて・・・・・・・2011_0802_093944-P8020158_convert_20110810112731.jpg

帰りのタクシーを拾うのは命がけ。ホテルの前でさえ大きなホテルマンが道路へ出て
呼び込み、タクシー乗り場は常に行列になっている。「待つ」のはOKのニューヨーカー!
人もタクシーもとにかくワンサカいる。お互い信号をうまく無視しながらア・ウンの
呼吸で交差していく様は見事だ。
2011_0802_202101-P8020166_convert_20110810131005.jpg


昼間集合まで少しの時間に切手を買いに郵便局へ行ったら、10分待っても一番前の
人が変わらず、6人目の私にはいつ順番が来るのか気が遠くなりそうだった。
この時はガードマンが別にポストカードのお店があってそこで買えるからと教えてくれた。
(先に言ってよ~、でもありがとう)お店は何時までかと聞くと4時までだけどお客が
少ないと早く締めるかもですって。 へ~!

日曜日に郵便局を見に行った時のもの 2011_0801_041315-P8010090_convert_20110810113723.jpg
イギリス人旅行者が私と同じように興味深く見学していた。アメリカとイギリスの
ポストが展示してあって、「イギリスの方がいいだろう?!」「そのとおりです」
実際、街の通りにポストが見当たらないと思っていたら、ゴミ箱に見えていたのが
ポストだと分かって・・・スミマセン
2011_0804_114318-P8040325_convert_20110813155734.jpg


とにかく、今日も想定外のおいしい夕食を、しかも中国から駆け付けた会員さんが
一緒に出かけた数人にご馳走してくださって・・・おごちそうさまでした


☆8月2日(火)

再び国連で、今日は会議場などガイド付きで見学。チカさんの通訳が頼り。
2011_0802_231227-P8020175_convert_20110810200234.jpg

この席で賛否のボタンが押される。
2011_0802_232343-P8020176_convert_20110810201758.jpg

2011_0802_232425-P8020178_convert_20110810201936.jpg

展示室にはたくさんの衝撃的な写真など展示物が・・・言葉にならない。
2011_0802_232532-P8020179_convert_20110810202217.jpg

地雷に接触して足を失い、義足を付けた大勢の人たちの写真も。
地雷 2011_0802_233317-P8020191_convert_20110810202821.jpg


武器をギターに 2011_0802_232830-P8020185_convert_20110810202510.jpg

救援物資    2011_0802_233027-P8020187_convert_20110810202659.jpg

絶望と希望が展示されていた。

2011_0802_234058-P8020196_convert_20110810203301.jpg
とても熱心に案内してくださって「ありがとう」


昨日予定が変更された大使による説明会。部屋に入るには人数を制限しながら
本人確認し、携帯は預ける。
2011_0803_002426-P8030203_convert_20110810203626.jpg

国連の機能や現在の状況など話があり、質問にも丁寧に答えてくださった。

夕方から旅の目的、オイスカ・アメリカ総局発会式・慶祝会

お世話してくださるスタッフと 2011_0803_061015-P8030216_convert_20110810204513.jpg
                ようく見ると一段上に立っている私(笑)

まず、軽く食事・・・ドリンクは「有料」に戸惑った(笑)
2011_0803_071949-P8030220_convert_20110810204646.jpg

国歌斉唱、牧師さんのお祈り、米副会長挨拶、日本側祝辞、会長挨拶等の後
本格的にパーティーが始まる。会場はドリンク無料(笑)
スピーチはさすがアメリカの方たちはすばらしい。日本人も努力が必要かと。
ハプニングが 
牧師さんが私の持って行った千羽鶴にも祈りを捧げてくださった。
2011_0803_080528-P8030223_convert_20110810204835.jpg

2011_0803_090827-P8030227_convert_20110810205104.jpg
副会長ご夫妻はとてもフレンドリー。5人のお孫さんのおばあちゃまですって。若い~ッ!

6時からゆっくりと進行して10時に終了
心地よく、皆さんおつかれさま。




NY日記Ⅰ

2011.08.09.17:06

8月9日(火)

2011_0809_150428-P8090465_convert_20110809152711.jpg

7月30日からニューヨークへ行って、7日に帰ったら、畑のブルーベリーが
早速、ジャムにしてお米のパンと機内でゲットしたお菓子でお茶しました。

珍道中のアメリカの旅を記録しておくことにします。
希望して行ったわけではないですが、行けば行ったでなんやかやと・・・。もしかして
読んでいただく方には申し訳ないですが、くどくどと記憶に留めていることを書きます。



☆ 7月30日(土)
12時05分、松山空港から飛んで、羽田から私の海外?が始まる。
成田までのリムジンバスでNZへ帰る紳士と席が一緒になり、1時間の楽しいお喋り。
奥様との素敵な出会い、船で世界を巡ったこと、NZの地震の様子、オスロではテロの
直前に飛んだこと等々。自然が残っている田舎がいいということで意見が一致。
「いちばん良かった場所は?」・・・ニッコリ「NZですよ」やっぱり自分の国がいっちばん
私の旅の目的がオイスカのことだと話すと、帰ってからHPで見てみるよって

成田で同行の方たちに見つけてもらいたくてオイスカTシャツを着ていたら、ホントに
見つけてもらって、15時30分集合に滑り込みセーフ。
成田17時50分発

機内食、NY直前に出た軽食にアメリカや~!ハム10枚(←数えた)チーズも数枚。
先が思いやられる。2011_0731_011227-P7310029_convert_20110809161200.jpg

NY着、同日17時55分着 ~~~ここいらへんで時差をぐぐっと我慢。

入国時、佐賀県の"がばいばあちゃん"2人のうちお1人の足が悪いので成田で車いすを
頼んでおいたのに用意されていない。他のメンバーは先に行ってしまい、単語「車椅子」は
分からないままに状況を訴えた。「待って」と言われるまま結構待った。
やっとスタッフが来て、3人一緒に案内され出国手続きで延々並んでいる人々を横目に
さっさと外へ出されてしまった。ラッキー

ホテルまでのバスの中から
2011_0731_093555-P7310034_convert_20110809161345.jpg
人・人・人・車・車・車・・・・明日、この中に入るのかと思うとドキドキ!

ペンシルバニアホテルは、お世辞にもいいホテルとは言えないけれど、駅が近く
タイムズスクエアも近くて、とても便利なのでフロントには常に大勢の人が並んでいる。
(フロントの手際のせいかも???)

遅いので軽い夕飯。2011_0731_111621-P7310035_convert_20110809212505.jpg
                             軽いかなあ?

☆ 7月31日(日)
高齢者の多い団体26人とNY合流2人のために、まるまる1日休養をとるという名目で
自由行動の日程。 はい、団体苦手の私と案内役をして下さる2人でしっかり自由行動。
どこへでもOKと言いつつ、るるぶ持参!? エッ?!

まず、朝ごはん。エンパイアステイトビルをバックに。2011_0731_214311-P7310037_convert_20110809214634.jpg
通りすがりの半地下のバーガーショップで買ったバーガーはスモールサイズで、味も大丈夫!
地下鉄10ドルプリペイドを買ってマンハッタン南端のサウスフェリー駅へ。
2011_0731_222858-P7310039_convert_20110809164803.jpg
しばらく海岸に沿って歩くとフェリー乗り場に着き、2011_0731_233958-P7310046_convert_20110809170020.jpg
 水上タクシーの予約をしたら待ち時間に昼食。  2011_0801_002016-P8010048_convert_20110809163657.jpg
                              想定外に「おいし~い
自由の女神像に入るのは無料。しかし11月末まで予約済み。
下に小さく見えるのが人・人・・・2011_0801_014155-P8010062_convert_20110809163812.jpg

2011_0801_013044-P8010052_convert_20110809221801.jpg

乗り降り自由の水上タクシーで湾内を見物した。軍艦が戦闘機をたくさん乗せて
港に横付けしてしているので驚いたが、後で聞くと観光用に常時停泊だとか。フ~ン!
一巡りしたところで上陸し、ウォール街、ワールド・トレードセンター跡地まで歩く。
跡地の下の地下鉄駅はクローズに2011_0801_024353-P8010077_convert_20110809212856.jpg
街には小さな屋台?がたくさん。ジュースが喉を潤してくれた。2011_0801_024951-P8010081_convert_20110809213158.jpg

私が下に立っているのが見えるかなぁ。楽しいオブジェがいっぱい。2011_0801_025217-P8010082_convert_20110809213400.jpg

地下鉄で、ひとまずホテルまで引き返そうと駅でカードを通すと、使えなくなっている。
駅員に直してもらうと1ドル払うよう言われた。ウソでしょう!もう1枚と一緒に買って
使っていると言ったら、「じゃあいいよ。」 エ~ッ!


ホテルで一休みした後は、午後3時から娘に頼まれた絵本を求めて街へ。
最初に行った絵本専門店にはなくて、歩いて行ける場所にある大きな本屋さんを教えて
くれたが2店舗ともなく、結局最初のお店の親切なかわいいお姉さんに選んでもらった
2011_0801_060821-P8010095_convert_20110809213841.jpg

夜は「るるぶ」でチェックしてくれていたタイムズ・スクエアにあるイタリア料理。
“オステリア・アル・ドージェ”
プロデット・アッラ・ヴェネタというシーフード煮込み2011_0801_075629-P8010098_convert_20110809220050.jpg
おいしい×おいしい
これはもう一度食べに行こうと思ったくらい本当に美味しかった。

アメリカの食事は気になっていたが、お店を選べば・・・さすがNY!
実際のNY1日目としては、の~んびりおのぼりさん状態。

思い出すことをバラバラと書いてみました。
きっと、後で見たらコンナコトヲ・・・と思うでしょうが、その時は消去したり書き足したり
しながら、行く前に楽しみに思わなかった分、後でゆっくり楽しみましょう!







プロフィール

おしず

Author:おしず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR