FC2ブログ

学生森林ボランティア

2011.01.30.20:32

1月30日(土)

久しぶりに学ボラに参加しました。
初心者から、かなり本格的に山の仕事も出来る学生さんまで・・・
でも何故私がメンバーになっているの?
という細かいことは抜きにして、若者に混ぜてもらって学んでいます。
サボってばかりですが ~-~;

今日はセミプロの学生さんからチェーンソーの使い方と伐採のほんの触りの
指導を受けました。
自分で出来ることと教えることには差がありますが、彼は素人に分かりやすく
安全第一に教えてくれました。

頭で理解することと実際に動かしてみることとにも大きな差が!
私はチェーンソー使用、間伐体験はゼロではありませんが、目から鱗がいっぱい。
山の仕事は危険もですが、楽しさもいっぱいです
そして成果が見える仕事です。
この楽しさをもっとたくさんの人、若者に体験してもらいたいです。
スポンサーサイト



竹林整備

2011.01.29.21:31

1月29日(土)

オイスカ活動のひとつ、竹林整備をしました。
寒い中、13人もの方が参加してくださいました。
竹林の持ち主のお2人も居てくださったので賑やかでした。

2011_0129_093333-P1291431_convert_20110129201118.jpg

皆さんベテランになって作業は捗りました。

すぐ傍の溝の中も
2011_0129_105222-P1291435_convert_20110210192452.jpg

さっぱり      2011_0129_111244-P1291436_convert_20110129204154.jpg

2011_0129_112156-P1291441_convert_20110129204950.jpg
竹林もさっぱりしました。
      2011_0129_121817-P1291445_convert_20110129205726.jpg

オイスカとして竹林整備は異色かもしれませんが、森林整備の延長、美しい里山づくり
として続けていきたいです。

そろそろ・もぞもぞ活動

2011.01.26.11:53

1月26日(水)

珍しく何の予定も入ってない1日・・のはず。
で、来年度のオイスカえひめの活動予定を考えてみました。
例年は、かなり行き当たりばったりで実施していたので、改めて
年間計画を立てるのはなかなか難しくもあり、しかし、出来上がれば
それに沿って動けばいいわけで、本来の形ではあります

目前に、今年度最後ですが、気持ちとしては『活動の始まり』みたいな
森の活動があります。植林だけしていたのとは違って、荒れた山を
開墾するところから始めることに不安と期待があります。
考えている間に春はどんどん近付いてきます

先日、田んぼの畦を修理して頂いたことを知って、まだ先のことなのに
田植えの季節を想い、ワクワクしました。
また、田んぼのお世話の方から畑でジャガ芋を植えますか?!とお誘いがあり、
これまた、春近しの感です

今週末には今年最初の竹林整備も予定していますので、まずはそれを無事
実施して・・・ひとつずつ・・・ひとつずつ。

火鉢 パートⅢ

2011.01.24.14:16

1月23日(日)

このところ森の活動もなくて・・・
火鉢の話が続きます。

 春の植林活動の準備はまだ書類の段階で、事務局が頑張ってくれています。
 今まで8年間してきた植林は、「大名釣り」のようなもので、開墾・地拵え
 なし、下刈り・枝打ちなしで、植林のみの活動でした。
 一部なるい場所で下刈り体験はしていますが。
 それでも、初心者にも植林は楽しいので森へ関心を持ってもらうことが出来ます。
 大勢の方に体験してもらうにはとてもいい活動です。
 今年はついに開墾から体験しようということで計画中です。

火鉢のグッズが揃いました
今日、高知の日曜市で五徳と火箸をゲット。
鉄瓶を引っ張り出して掛けると、それらしくなりました

2011_0124_133612-P1241428_convert_20110124141131.jpg

火鉢 パートⅡ

2011.01.21.19:22

1月20日(木)

なんと、長火鉢風??に!
夫が火鉢サイズに合わせて作ってくれました。

2011_0122_082203-P1221426_convert_20110122083708.jpg

素人でも、間伐材で様々な小物を作ることができます。
ああでもないこうでもないと設計から楽しむことが出来て
オンリーワンが出来あがるのは嬉しいです

ぜんざいのお餅をここで焼いて、炭火を見ながら食べると
一段と美味しい気がします。

あとは五徳をゲットして鉄瓶をかければパーフェクト

火鉢

2011.01.11.20:27

1月12日(水)

2011_0111_090056-P1111424_convert_20110111200516.jpg
このところ、火鉢が活躍しています。
数年前にいただいて、少しは使っていたのですが、
今回はかなり真面目

最初は匂いがあって室内に置けませんでしたが、
4、5日経つと時々換気するだけで大丈夫になりました。
隙間風のある我が家ですが、やはり換気は必要ですし、
冷たい風をスッと入れると気持ちがしゃきっとします。

火をじっと見ていると離れられなくなります。
この炭になった木はどこの森から切りだされたものだろう、とか
できれば日本の木であってほしいとか、誰がどこでどんな窯でつくったのだろう
とか、ちょっぴり炭焼きをかじった私は炭火を見ながら想います。

散歩

2011.01.10.22:34

1月10日(月)

このところ家に居ることが多く、それはそれでいい時間を過ごせたけれど
なにかすっきりしません。
寒いけれど太陽も出ていたので、裏山に散歩に出てみました。

冷たくて新鮮な空気をお腹いっぱいに吸い込みながら、のんびり散歩すると、
新しい年&歳を心地よく迎え入れる準備が出来た気がしました。。
2011_0110_130704-P1101413_convert_20110110221435.jpg
それにしても、裏山からの景色が随分変わりました。
住宅が増え、道路もクモの巣のように伸び、田んぼはすっかり減りました。
地下水も減るわけです。
夏、水田の上を渡って吹いてくる風が涼しくなるには広さが足りないです
これ以上田んぼが減りませんように!

人間展

2011.01.09.23:21

1月9日(日)

「植物の葉が風にゆれるのを見つめ、
 小鳥のさえずり、ハチの羽音に耳を傾けていると、
 この世界は、何とすばらしいもので
 満ちているのでしょう、と思います」 ターシャ日めくり/9日

年が明けました。
そして明日私は一つ年を重ねます。
結構、のほほんと、たくさん重ねてこられたことに感謝です。

今日は友人と人間展という人形展に行きました。
ノスタルジックなかわいいお人形くらいに思って出かけましたが、
そこには忘れてはならない「戦争」「戦後」の世界がありました。
草木1本もない荒れ果てた光景と戦後の何もないけど人々の明るい笑顔。

描かれている時期と少々ずれているとはいえ、そういえば子供のころ、
こんな風景があったあった!と友人と話しながら作品を見ました。
会場に来ている子供たちにはきっと理解しきれない状況だと思いますが、
自分たちでさえ忘れていることがたくさんありました。
便利な生活にはすぐ馴染んでしまうのですね。

家に帰ってターシャの日めくりを見たら、緑の木の葉を通り抜けた風が
すうっと吹いてきたような、ほっとした気持ちになりました。

戦争は目に見えるものも心もすべてを破壊します。
私の人生には戦争体験はありません。
世界中でどれだけの人が戦争体験なしに人生を終われるのでしょう。
お願いだから子供にも孫にも体験させないで!
そんな気持ちにさせられました。

プロフィール

おしず

Author:おしず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR